【2019年最新版】マッチングアプリのプロフィール写真でモテる11のコツ&写真例【女性用】

女性向けにマッチングアプリのプロフィール写真でモテる11のコツをご紹介します

「マッチングアプリで男性が女性を選ぶ際、プロフィールのどこを一番重視しますか?」というアンケートを男性に実施したところ、57%の男性が「写真」と答えました。

そう、やっぱり男性は、女性のプロフィール写真を一番重視しています。

もし、あなたのプロフィール写真が悪ければ、せっかく書いた自己紹介文やプロフィールも読んでもらえていないかも。

でも、「写真が大事」と言っても、超美人や可愛い子でなければ相手にされないわけではありません。

外見に自信がなくても、写真を工夫することで男性から「いいね!」を貰える確率はぐんとアップします。

そこで、この記事では男性からたくさん「いいね!」が貰えるプロフィール写真のコツを教えます。

※このページは女性向けの記事になります。

↓↓男性の方はこちら↓↓

 

男ウケするプロフィール写真とは?11のコツを紹介

男ウケするプロフィール写真とは?11のコツを紹介します

そもそも、男性が好感を持つ女性のプロフィール写真ってどんなものでしょうか?

男性に「好感のもてる女性のプロフィール写真」についてアンケートを行った結果、男性にモテる写真の特徴がわかりました!

①普段の生活がわかる、自然体の写真
②愛嬌のある笑顔
③顔や体型がわかる写真
④女性らしさを感じる服装、ヘアスタイル、メイク
⑤友達に撮ってもらった自然な写真(複数人・自撮り写真はNG)
⑥明るい印象をうける背景、シチュエーション
⑦過度な加工、プリクラ、証明写真は絶対NG!
⑧誰でも美人に見える撮り方と、特別な服装の写真を使う
⑨コンプレックスを上手に隠した写真を撮る
⑩顔出ししたくない時は、雰囲気の分かる写真を使う
⑪サブ写真は会話のネタ!趣味、料理、旅行、ペットの写真を載せる

それでは、もっと具体的に、どんな写真が良いのかポイントを探っていきましょう。

 

友達に撮ってもらった普段の生活がわかる、自然体の写真

友達に撮ってもらった普段の生活がわかる、自然体の写真

男性への「好感の持てる女性の写真」についてのアンケートで最も多かった回答は「自然体な写真」

約28%の男性が、飾らない日常の姿が見たいと言っています。

女性からすると、ちょっと意外な結果ですよね。

いつもよりオシャレをして、メイクもばっちり、その上ちょっと加工した写真を使いたくなるところですが、男性にとっては普段着で素顔が垣間見える写真が理想だそうです。

なので、がっちり作りこんだ写真ではなく、普段着で日常感のある写真を選びましょう。

例えば、こんな写真が好印象です。

【例】
・カフェやレストランなどで友達に撮ってもらった写真
・普段着の写真
・公園など明るい場所で撮ってもらった写真

 

愛嬌のある笑顔の写真

愛嬌のある笑顔の写真

次に重要なのは「笑顔」

人気の女性は、もれなく自然で親しみのもてる笑顔の写真です。

真顔やむすっとした表情、画面をにらむようなキメ顔は、美しく見えたとしても気難しい印象、怖い印象を与えてしまいます。

笑顔の良いところは、顔の弱点をカバーしてくれるところ。

多少目が細くても、鼻が低くても、口が大きくても、笑ってしまえば大して目立ちません。

歯並びが気になる方は別ですが、基本的には歯が見えるくらいの笑顔の写真を使いましょう。

 

女性らしさと清潔感を感じる服装、ヘアスタイル、メイク

女性らしい外見は、男性の目に魅力的に映るもの。

服装やメイク、ヘアスタイルを過度に張り切りすぎるのは禁物ですが、ナチュラルで清潔感のある雰囲気を目指しましょう。

アンケートの回答のなかには、すっぴんが良いなんて男性が4%もいます。

さすがにリアルなすっぴん写真を載せる女性はいないと思いますが、濃いメイクよりはすっぴん風のナチュラルメイクの方が男性ウケが良いようです。

OKな写真例

ナチュラルで清潔感のある写真

・すっぴん風のナチュラルメイク
・淡い色のスカート、ワンピースなど女性らしい服装
・清潔感のある服装
・ヘアスタイルはふんわり、ゆるく、可愛らしい雰囲気を意識
・ネックレス、帽子などの特徴的なアイテムで相手に印象づける

NGな写真例

変顔の写真

・変顔の写真
・ジャージ、スウェット
・清潔感のない服装
・明らかに高そうな服、ブランド物を身に着けている
・スーツ
・露出の多い服装、水着、谷間強調
・濃いメイク

人気女性会員の多くは、清潔感があり、適度にオシャレで女性らしい服装です。

かといって、ファッション誌に載っているような流行ど真ん中のものや、ものすごくオシャレである必要はありません。

恋活ならば可愛い系や個性的な服装でもOKですが、婚活ならば女子アナのような万人受けして落ち着きのある服装が効果的。

また、顔に自信がない場合は、大振りのネックレス、ニット帽など目立つアイテムを身に着けることで、「ネックレスの子」、「ニット帽の子」と顔以外の要素で相手の印象に残ります。

注意したいのは、過度にオシャレすぎたり、ブランドものを身に着けているとお金がかかるイメージを持たれるので、結婚相手には不向きと思われてしまうということ。

また、キャリアウーマンにありがちなのが、スーツ姿の写真。

男性のスーツ姿は女性受けがいいのですが、女性のスーツ姿は家庭的なイメージからは遠く、残念ながらマッチングアプリにおいてはそれほどメリットがありません。

ちなみに、少しセクシーな服装や水着はいいね数が爆発的に増えますが、その分、遊び目的・ホステスなどお店の勧誘かと勘違いされ、真面目に活動している人の割合は減ります。

露出度の高い服装の写真を避ける男性も多いので、やめた方が良いです。

 

顔や体型がはっきりわかる写真

誰が見るか分からないマッチングアプリで、顔が写っている写真を載せるのはちょっと抵抗があるかもしれません。

しかし、男性の好感度が高いのは「顔を隠さず、ハッキリ写っている」写真です。

全身が写っている写真は、普段の服装や体型を確認できるので、見たがる男性が多いのですが、その分顔はわかりにくくなってしまうのでサブ写真に使うのが効果的です。

OKな写真例

顔を隠さずハッキリ写っている写真

・顔がハッキリわかる
・サブ写真には全身のスタイルや服装がわかるものを入れる

NGな写真例

サングラスをしている写真

・手、アプリのスタンプ等で顔を不自然に隠している
・写真が暗い、画質が荒いなどで顔が不鮮明
・マスクやサングラスをしている写真

マッチングアプリで異性を選ぶとき、相手は複数人の写真を短時間で大量に見ます。

その時、顔が分かりづらい写真だと、そのまま見逃されてしまったり、「顔が分からないからパスで!」と飛ばされてしまう可能性が高いです。

ユーザーの中には、自分のプロフィールに「顔がわからない人はNGです」と断言している人までいます。

手やマスク、写真アプリのスタンプなどで顔の一部を隠している人もいますが、隠すことでかえって「自信がないのかな?」「よっぽどひどい顔なのか?」と思われ、逆効果になることも。

そのため、顔写真を載せるのなら、ハッキリと顔が分かるものを選びましょう。

 

友達に撮ってもらった一人の写真。複数人・自撮り写真はNG

誰に写真を撮ってもらうのかも、重要なポイント。

できれば、仲のいい友達に撮ってもらうのが理想的。友達といて、楽しいことをしている時の方が自然な笑顔になるからです。

OKな写真例

友達に撮ってもらった写真

・一人で写っている写真
・友達に撮ってもらった写真

NGな写真例

男性と映っている写真

・複数人で写っている
・自分以外の人の顔も写っている
・男性と映っている、もしくは男性がいる雰囲気を感じる
・自撮り
・子供と映っている

友達に写真を撮ってもらうといっても、友達数人との集合写真はNG。

どれが本人かわかりませんし、友人や他人の顔を不特定多数の人にアプリでさらしてしまう配慮の無さはマイナスイメージです。

また、男性と映っている写真も避けましょう。

異性との出会いの場で、男性の影をちらつかせるメリットはありませんよね。

たとえ男性の顔が写っていなくても、写真に写りこんだ肩、髪、服装、手、持ち物などで何となくわかってしまうので注意。

さらに、子供と映っている写真もやめましょう。

たとえ親戚や友人の子供でも、パッと見ただけだと子持ちだと誤解されてしまいます(もちろん、本当に子供がいるのなら問題ありません)。

自撮り写真は絶対にNGではありませんが、「友達いないの?」「ナルシスト?」などあまり良い印象を与えないため、避けた方が無難です。

 

明るい印象をうける背景の写真

写真に写るもので大切なのは、あなた自身だけではありません。

背景に写りこんだものや、どこで写真を撮っているのかというシチュエーションも非常に重要です。

写真を撮る場所によって、あなたの生活スタイル、趣味、行動パターン、交友関係、センスなどあらゆる情報が伝わります。

具体的に、OKな例とNGな例を紹介します。

OKな写真例

海、山、自然などが背景の写真

・旅行、遊園地などを楽しんでいる写真
・スポーツ、音楽など趣味を楽しんでいる写真
・カフェ、レストランでテーブル越しに撮られた写真
・海、山、自然などが背景

これらの写真は、アクティブで友達が多く、一緒にいて楽しそうな印象を与えます。

屋外で撮った写真は自然光で顔が明るく見えるというメリットも。

相手の趣味や価値観も写真から読み取れるので、好みが合えば「話してみたい!」、「マッチングしたい!」と思わせる効果があります。

NGな写真例

喫煙の写真

・暗い部屋での自撮り
・指紋など汚れの目立つ鏡での自撮り
・トイレの鏡での自撮り
・暗い居酒屋、夜の野外などで顔が良くわからない写真
・お酒の席での写真(飲酒、喫煙の写真)

自室での自撮りは一番手っ取り早く写真が用意できて楽ですが、好感が持たれにくいです。

というのも、部屋の中だとどうしても背景に布団やテレビ、服なんかが写りこみ、悪い意味で生活感が丸出し。

よっぽど広くてキレイな部屋でなければ、貧乏くささや、引きこもりがちな暗い印象を持たれてしまう可能性が。

また、鏡を使った自撮りは、よく見ると鏡が結構汚れてたり、曇っていたりで、顔がキレイに見えないことがよくあります。

まれにトイレやエレベーターなど大きい鏡での自撮りを載せる人もいますが、本来写真を撮るような場所じゃない公共のスペースで自撮りをするってちょっと常識がない人なのかも……?と疑われてしまうかも。

さらに、暗いレストラン、居酒屋、夜道など、明かりが足りない写真は、単純に顔が良くわからないですし、肌が汚く見えるので避けるべき。

お酒の席で飲酒や喫煙をしている写真も、女性らしさに欠け、健康的にも見えないため、好感度は低いです。

 

過度な加工、プリクラ、証明写真はNG

流行りのSNOWは確かに可愛く見えますが、やりすぎは禁物。

男性へのアンケートで「好感の持てない女性のプロフィール写真」をきいたところ、なんと50%が「SNOWなどの加工写真」と回答しています。

動物の耳が生える加工や、目が大きくなる加工、盛りすぎの写真は元の顔が分からないので、男性にはかなり不評です。

また、実際に会うことになった時、写真と同じ人だとわからないレベルの加工は詐欺と思われてしまうので、やめておきましょう。

とはいえ、適度な加工で元の良さを引き出すのはやっておきたいところ。

微妙なラインですが、実際に会ってガッカリされないレベルの加工を見極めましょう。

オススメのアプリは次に紹介しますね。

OKな写真例

加工と分からない程度の美肌補正の写真

・加工と分からない程度の美肌補正
・元の顔と違いすぎないレベルのデカ目加工
・自然な色調補正で、顔色を明るく綺麗に見せる

NGな写真例

SNOWなどで犬・コアラ・猫など動物の耳やひげが出る加工の写真

・SNOWなどで犬・コアラ・猫など動物の耳やひげが出る加工
・デカ目、美肌で盛りすぎて宇宙人になっている加工
・プリクラでアニメキャラみたいになっている
・運転免許証の写真など、証明写真をそのまま写メ

 

加工感がないのに盛れるカメラアプリはこれだ!

今どきの女子は、可愛く盛るための専用アプリで写真を撮ったり、加工したりするのが当たり前になっています。

最近の写真アプリは驚くほど優秀で、難しいテクニックなしに、簡単に可愛くなれるのです。これをマッチングアプリに活かさない手はありません。

そこで、特におすすめのカメラアプリを2つ紹介します。

ただし、繰り返しますが男性は加工写真が嫌いです。

どちらのアプリも、やり始めるとどんどん盛りたくなってしまうので、やりすぎは注意!

あくまで「加工した感じがなく、自然に見えるけど可愛い」を意識してくださいね。

BeautyPlus

BeautyPlus

このアプリは撮った後の写真を読み込んで加工する機能がかなり優秀。

肌色補正・デカ目・鼻を高く・ニキビ隠し・クマを薄く・歯を白く…などとにかく細かく調整できます。

ただし、やりすぎると全くの別人になってしまうので、肌だけ、ニキビ隠しだけ…など気になるポイントだけに絞って使ってみてくださいね。

カメラ360

カメラ360
AKBグループの指原莉乃さんが利用していることで有名なアプリ。

撮影時にリアルタイムで補正したい人にオススメ。撮影するだけで、自動で美肌・デカ目にしてくれるので、簡単に可愛い写真が撮れます。

もちろん、撮った後に加工することもできるので、とことんこだわりたい派も使えます。

 

誰でも美人に見えるマル秘写真技

どんな写真が良いかはわかったけれど、やっぱり顔に自信がない!というそこのあなた。

手っ取り早く、美人度がアップして見える写真の撮り方と、シチュエーション例を紹介します。

手元にこんな写真があったら、ぜひプロフィール写真の候補に加えてください。

写真の撮り方

定番の写真テクニックですが、プロフィール写真にこそ活かすべし!少し撮り方を変えるだけで劇的に変わるのでお試しあれ。

・スタバのカップなど、小物を顔の近くに寄せて小顔効果を狙う
・明るい場所で撮り、美肌効果を得る
・斜め上から撮り、デカ目、顎がシャープに見える効果を狙う

特別な服装

浴衣、着物の写真

普段と違う服装のときは、メイクや髪型にも気合が入って、より美しく見えるもの。せっかくなので、マッチングアプリに再利用しちゃいましょう。

男性は普段着の自然体な写真が好きですが、サブ写真に特別な服装の写真を入れれば、そのギャップに惹かれる可能性大です。

・浴衣、着物の写真
・友人の結婚式、パーティーなどドレス姿の写真

水着の写真はいいねが爆発的に伸びます。ただ、その分ヤリモク男性も増えるので注意。

可愛いものと一緒に写る

顔と一緒に写るものも重要。可愛いものと一緒に写れば、相乗効果で自分も可愛く見えちゃいます。

・ネコ、犬など可愛い動物と一緒
・色がキレイなお花と映る

 

コンプレックスは○○で隠せ!

コンプレックスを隠した写真

誰にでも一つや二つ、コンプレックスはありますよね。

そこで、見せたくない部分をさりげなく隠したり、うまくカバーするテクニックを紹介します。

顔が大きい

・帽子をかぶる
・大振りのピアスやネックレスで小顔効果を狙う
・顔周りに手をもってくるポーズで輪郭を隠す
・顔の周りに食べ物やカップなど小物をかぶせ、顔の余白を隠す
・大きさの比較になるもの(スマホなど)を一緒に写さない

太っている

・体型が分かりずらいワンピースや、浴衣などの写真を選ぶ
・胸から上だけの写真など、体型が分からない写真のみ使う
・壁や木などで体が半分以上隠れるポージングで写真を撮る

顔のパーツを隠したい

・口元をマグカップ、マフラーなどで自然に隠す
・手のポーズで顔の隠したい部分を隠す
・写真を撮るときだけカラコン、付けまつげを使う

肌が汚い・黒い

・屋外の自然光や、十分に明るい室内の写真を使う
・写真を撮るとき、タオルや紙など白いものを顔の下にもってきて、レフ版代わりにする
・美肌アプリで不自然にならない程度に加工

 

どうしても顔を出したくないときはどうする?

仕事の都合や、知人に知られるのが嫌などの事情で、どうしても顔写真を使いたくないこともありますよね。

イヴイヴなど、顔がハッキリわかる写真でなければ利用できないアプリもありますが、ペアーズ、Omiai、withなどは顔写真なしでも使えます。

顔写真を使った人に比べてマッチング率は下がりますが、全く誰からも相手にされないということはありません。

顔が分からない写真を使う場合に、具体的には次の5つのパターンが考えられます。

写真を登録しない

写真を登録してない画像

全く何も写真を登録しないという手もあります。

ただし、相手からはやる気がないとみなされ相手にされない可能性が高いので、オススメできません。

風景、ペットなど自分以外の写真を使う

どうしても自分の写真を使えない時の苦肉の策。

何の写真もないよりはマシですし、相手の理解が得られればマッチングも可能。

ただし、かなりマッチングしづらいです。

後ろ姿など、顔が全く見えない写真を使う

後ろ姿の写真

人物の写真であるだけマシですが、後ろ姿だけだとなかなか雰囲気は伝わりません。

それでも後ろ姿のみにする場合は、服装やシチュエーションにこだわり、オシャレな雰囲気を出すのがポイント。

海、リゾート地、自然など綺麗な背景だと高印象。

手、小物、眼鏡、アプリのスタンプなどで加工して顔を隠す

小物で顔を隠している写真

知人が見て自分だと分からないレベルで顔のパーツを隠す方法です。

顔の一部でも分かれば雰囲気は少し伝わるので、後ろ姿よりはマシ。

ただし、あまりにも必死に隠そうとすると不自然なので、自然なシチュエーションで隠すのがポイント。

【例】
・飲み物、アイスなど食べ物で口元を隠す
・マフラー、帽子などで顔の一部を隠す
・ピースなど手のポーズで顔を隠す
・ネコなどペットで隠す

横顔、斜めから、遠くから、など顔が見えそうで見えない写真を使う

顔が見えそうで見えない写真

顔をできるだけ出したくない場合、一番オススメなのがこの方法。

顔が見えそうで見えない、でも雰囲気はなんとなくわかる……というギリギリのラインを狙って撮るのがポイントです。

ただし、この手の写真は一人で撮るのは難しい。友達に協力してもらって、マッチングアプリ用に写真を撮ってもらいましょう。

よくあるのは、次のような写真です。

【例】
・正面を向いて振り返りかけた瞬間の写真
・海などを背景に、引きで撮った写真
・髪が少し顔にかかった状態の横顔
・うつむき気味に、食べ物を食べようとしている瞬間
・一眼レフなど大きめのカメラを顔の前で構えている写真

 

サブ写真で好感度アップ!効果的な写真を選ぼう

メイン写真で相手の目を引いた後に重要なのは、サブ写真。

サブ写真とは、自分のプロフィール詳細ページに表示される、メイン写真以外の写真のことです。

サブ写真は、メイン写真を補足する役割があります。

サブ写真を載せるメリットは次の通り。

・メイン写真とは違った雰囲気の自分をアピールできる
・趣味や食べ物の写真などを載せ、相手との会話のネタをつくる
・顔写真を複数載せることで、写真盗用や業者ではなく本人のアカウントだという安心感を与える

もっと具体的には、次のような写真をサブ写真に載せると効果的です。

全身が分かる写真

メイン画像には、顔がハッキリわかる写真が好ましいので、全身が分かる写真はサブ写真にしましょう。

服装がわかるため、自分の雰囲気を伝えられるメリットもあります。

家庭的な雰囲気の写真

手料理の写真

結婚相手を探している男性にとっては、家庭的な雰囲気の女性はかなり魅力的に見えます。

なので、料理が得意な場合は、手料理の写真は絶対載せましょう。料理のできる女性が嫌いな男性はいません!

メイン写真とは違う雰囲気の写真

女性は特に、服装や髪型などでガラッと雰囲気が変わりますよね。

メイン写真とは違った一面の写真を載せることで、そのギャップに惹かれたり、もっとあなたを知りたいと思わせる効果があります。

メインが清楚系、女性らしさアピールなら、サブ写真はアクティブで元気なイメージをアピール、などの使い分けが効果的。

趣味が分かる写真

スポーツや楽器演奏を楽しんでいるところ、好きなアーティストのライブなど、自分の趣味が分かる写真を使うと、相手が共通の趣味を持っていた場合、アピールポイントになります。

旅行先やお出かけ先など、休日の様子がわかる写真

定番の人気スポットや、逆に珍しい旅行先の写真は話のネタになりやすいです。

また、一緒にいて楽しそう、一緒に出掛けてみたいと思わせる効果もあります。

好きな食べ物、スイーツの写真

スイーツの写真

美味しそうな外食やスイーツの写真は、「美味しかったので一緒に食べに行きましょう!」と誘う口実にもなるのでオススメ。

ペットの写真

ネコ好き、犬好きなどペットを飼っている人同士なら親近感も出ますし、マッチング後の話題にもなります。

反対に、こんなサブ写真はNG。

ネイル、化粧品はNG

ネイル、化粧品の写真

「お金のかかる女性」と思われてしまう可能性大。

お酒一気飲み、喫煙はNG

お酒好き、タバコ好き、豪快な女性が好きな男性ならむしろ好感を持たれると思いますが、そうでない場合も多い。

 

【まとめ】写真チェックリスト

ここまで写真のポイントをたくさん解説してきましたが、重要なポイントをもう一度おさらいしましょう。

プロフィール写真で意識すべきことは、次の11項目!これができているか、チェックしてみてくださいね。

・普段着で自然体な日常の写真
・愛嬌のある笑顔
・メインの写真は顔、サブ写真は体型がわかる写真
・女性らしさを感じる服装、ヘアスタイル、メイク
・友達に撮ってもらった一人の写真。複数人・自撮り写真はNG
・旅先、海、カフェなど明るい印象をうける背景、シチュエーション
・過度な加工、プリクラ、証明写真は絶対NG!盛るならバレない程度に・自然に
・誰でも美人に見える撮り方と、特別な服装の写真を使う
・コンプレックスを上手に隠した写真を撮る
・顔出ししたくない時は、雰囲気の分かる写真を使う
・サブ写真は会話のネタ!趣味、料理、旅行、ペットの写真を載せる

繰り返しますが、マッチングアプリにおいて一番重要なのは「写真」!

手元に良い写真がない場合は、友達に協力してもらったり、セルフ撮影を頑張ってでもベストショットを手に入れましょう!

 

写真を変更しても上手くいかない人へ

写真を変更しても上手くいかない人へのアドバイス

「メイン写真を取り直ししたけど、うまく出会うことができない!」

そういう場合、

そもそも、やっているアプリがあなたに合っていない可能性があります。

例えば、「30代で2年以内に結婚したい女性」が、「30代でまだまだ遊びたいor恋人探したい男性が集まるアプリ」をやっていても、うまくいくはずがありません。

この場合、男性としては結婚を意識する年齢の女性は避けますし、女性を検索する際の条件に20代女性しかいれてないなんてこともあります。

自分の目的にあったアプリをやらないと、このように男女間でニーズのすれ違いを生みやすくになってしまいます。

なので、

「写真を変えたがイマイチうまくいかない!」と悩んでいる人はアプリ探しから見直してみて下さい。

アプリ選びに迷う人はこちらの記事を参考に!